ラフティングって何

ラフティングとは

ラフティングとは、6~8人乗りのゴムボートに乗り、みんなで力を合わせてパドルを使って川を下っていく超人気のアウトドアアクティビティです。
ラフティングの名称は、raft(ラフト)=いかだ(筏)から来ています。

ラフティングイメージ

ラフティングと聞くと、水しぶきを浴びながら激流を下るという印象を持つ方も多いと聞きますが、フライングドルフィンズの空知川や忠別川のラフティングは、緩やかな部分も多く初めての方も安全に楽しんでいただけます。
泳げなくて心配!という方も、ライフジャケットを着用の上、ウェットスーツ・ドライスーツも着用するので、さらに浮力を持ったもので体験していただきます。
(ライフジャケット、ウェットスーツ・ドライスーツのレンタルは、体験料金に含まれています)

ラフティングは比較的新しいスポーツです

ラフティングイメージ

■日本では、1980年代から始まったそうです。
フライングドルフィンズは、1990年代から20年以上のサービスを提供しています。
そしてこの10年ほど、テレビや観光雑誌等でも取り上げられ体験されている方は増えていますが、それでもフライングドルフィンズのお客様の約9割の方はラフティング未経験です。
新しいと言っても、とび抜けた運動神経は必要ありませんし、泳げなくても楽しんでいただけ ます。

ラフティングイメージ

■ラフティングで使うゴムボートは川の流れにで勝手に流れのではなく、最後尾に乗船するガイドが操船し、お客様がパドルで漕いで川を下ります。
お客様のパドル操作は、ガイドの掛け声を元に行います。

事前講習の内容

パドル操作

パドルの持ち方や、ガイドの掛け声に合わせた漕ぎ方などをお伝えします。

ボートの座り方

流れによって座り方がいくつかありますので、その座り方をお伝えします。

揺れた場合の掴まり方

時には急流を降りその時には、ボートが揺れます。その時により安全いられる捕まり方をお伝えします。

川に落ちてしまった場合の対処方法

時には、川に落ちる時もあります。川には流れがありますので、流されることになりますが、その時にも、より安全に流される方法をお伝えします。

投げられたロープの掴み方

川に落ちてしまった際、ボートから離れてしまう時があります。その時には、インストラクターがロープをボートから投げて、ボート近くまで引き寄せることになります。その時のロープの掴み方をお伝えします。



ラフティングの魅力

自然と触れる北海道は綺麗な川の宝庫!

フライングドルフィンズのラフティングは、その綺麗な北海道の空知川、忠別川、鵡川で季節ごとに変わる自然の表情を体に感じながら、時には、青い空を眺め、時には、小鳥のさえずりを聞きながら、自然に触れると非常にリフレッシュした気分になれます。
ファミリーラフティングでは、ゴーグルを使った川の中の観察などもしていただきます。

天然のアトラクションでのスリル体験

ラフティング体験場所は、自然の川です。緩やかに流れる場所もあれば、流れの早い場所など、色んな場面に遭遇します。
ゆるやかに流れる場所では、同情した仲間たちと一緒にパトルを使って進んだり、急流では、水しぶきを上げながら、非常にスリリングな体験ができます。
また、大きな岩の上からの水深の深い場所へのダイブスポットも用意しています。

気軽に体験

ラフティングは、初めての方や体力にあまり自信のない方でも体験ができます。体験前には、パドルの使い方や安全講習も行いますので、ご安心ください。
空知川ラフティング、旭川、美瑛から近い忠別川ラフティングは、5歳以上のお子様、小学生も参加可能で、ご家族用のファミリーラフティングも行なってます。

みんなで楽しめる

1-2人乗りのダッキーと違い、ラフティングは、ガイドを含め最大8人が同じボートに乗船します。 同じボートに乗るガイドや参加者は、みんな仲間です。 そのみんなで力を合わせて、ゴールを目指すので、仲間意識が出てみんなで楽しめます。仲間と一緒に楽しみましょう。

ラフティングで使う主な道具

ボート • 長さ約4メートル、幅約2メートルのラフティング用ゴムボートを使用します。 素材は、ハイパロンやPVCの強度の高いハイテク生地でできています。 そのため、多少岩にぶつかったぐらいでは、穴が空いたり破れたりしません。 また、いくつかの部屋にわかれた構造のため、1つくらい破れたとしても安全にゴールまで辿り着くことができます。 ボートが揺れる場所などで体を安定させるため、つかまる用の内側にロープが貼っています。
ライフジャケット • パーソナル・フローティング・ジャケット(Personal Floating Device:個人用の浮力具)とも呼ばれているものです。 着用することで、大きな浮力を得ることができますので、泳げない方にも安心です。 泳げる方も必ず着用します。お子様用から用意しており、体にあったものを着用していただきます。
ウェットスーツ
ドライスーツ
• ネオプレーンと呼ばれる合成ゴム素材でできたウエアーです。 ウェットスーツには、体温の保持だけでなく、耐衝撃性、浮力の増加というメリットもあります。 特にすり傷、切り傷などの防止にも効果があります。
パドル • ラフティングボートを漕ぐためのもので、一方にT字形のグリップ、もう一方にブレードがついています。 水の中にいる仲間を引き寄せるときにも使用します。 大人用と子供用を用意しています。
ヘルメット • 安全のため必ず着用します。 水に入った時ラフティング用のヘルメットは、水中に入った時に水の抵抗を受けないように水抜き穴が作られている。 素材は、丈夫で水に浮くプラスティック。あごひもをしめて、おでこを隠すようにかぶる。
担当ガイド • 道具ではありませんが、必ず1名が乗船し、お客様を楽しく、安全にゴールまでお連れします。



safety.htmlお申し込み前に必ずお読み下さい

お申込みの前に必ずお読みください よくある質問と回答 お問い合わせ・お申し込み

今シーズンの予約は終了しました

注意事項 ※お申し込み前に必ずお読みください

キャンセル料について